それぞれの特徴

点灯する青信号

銀行のカードローンと消費者金融のカードローンを比べた場合、銀行のほうが金利も低く総量規制が適用されないので年収の3分の1以上の借り入れも可能で、原則収入証明書の提出も不要で利用ができます。一方消費者金融ですが、金利は高く収入証明書の提出も一定条件で必要であり、借入限度額も年収の3分の1以下まで制限されてしまいます。銀行のほうが比べるといいのですが、消費者金融にしかない特徴としては審査スピードがはやいことです。さらには。消費者金融によってですが無利息期間をはじめて契約された方を対象に実施していることです。指定された一定期間は、金利が0ですので一切利息の支払いが発生しないのです。銀行系カードローンには無い特徴です。

消費者金融のカードローンの特徴としては、消費者金融によってですが無利息期間を実施していることです。はじめてご契約された方にしか無利息期間は適用されないのですが、その適用される期間も1週間から最大で180日間もある商品もあります。無利息期間の上手な利用法ですが、これは短期利用を目的とした人に非常に便利です。10日後にボーナスが入る予定があるけれどその前にクレジットカードの支払いで大きい金額が引き落とされるが残高が少ないので引き落としがこのままではできない、そのような時に消費者金融で借り入れをすれば即日融資してもらえます。銀行口座に融資金額を振り込んでおいて引き落としに間に合わせられます。そして、ボーナスが支給されたら一括返済すれば無利息期間の範囲内なら利息はかからず利用ができます。